臭いパンプスは毎日違う靴を履く

臭いパンプスは毎日違う靴を履く

臭いパンプスは毎日違う靴を履く パンプスを履いていると足の臭いが気になることがあります。
飲み会などで靴を脱ぐ場所であれば、なおさらです。
パンプスの場合、ストッキングを着用して履くことが多いからです。
ストッキングは化学繊維で作られており、靴下のように汗を吸いません。
足から出た汗は皮脂や垢と混ざり、それに常在菌が繁殖することで臭いを発します。
パンプスの中は蒸れやすく、そこに菌が増殖してしまうのです。
対策としては、毎日違う靴を履くようにすることです。
安い靴でもいいので最低2~3足用意し、交代で履くようにします。
通勤時と職場で履く靴を変えるというのもおすすめです。
長時間いる職場では、可能であれば通気性のよい靴を、可能であればつま先の空いた靴などがよいです。
さらに、職場でストッキングを履き替えたり、足の汗をパウダーシートなどで拭き取ることも、雑菌を繁殖させないようにする方法です。
また、履いた靴は消臭グッズなどを利用して臭いを消し、靴の中を乾燥させることがおすすめです。
市販のグッズを使用する以外では、古い靴下に重曹を入れて先を縛り、パンプスの中に入れておくと消臭剤代わりになりますし、湿気を取って乾燥させたい場合は、新聞紙や食品についている乾燥剤を入れておくという方法もあります。

臭いが気になるパンプスは会社用と通勤用で用意する

臭いが気になるパンプスは会社用と通勤用で用意する 靴が臭いというと、男性の革靴やスニーカーなどをイメージする人も多いかもしれませんが、実は、女性のパンプスもかなり臭くなるケースがあります。
通常、スニーカーなどは、靴下を履いていますから、汗を吸収してくれます。
一方、パンプスは吸水性の悪いナイロンのストッキングを履いていますから、汗がたまって蒸れてしまい、時間の経過とともに雑菌が繁殖して、臭いが発生してしまいます。
そういった場合には、職場でストッキングを履き替えたり、5本指ストッキングをはく、足用の消臭スプレーを使用するなどといった対策をとることが大切です。
ただ、職場でストッキングを履き替えることができないといった場合には、ストッキングの上からパウダーシートなどで汗をふき取ったりするとよいでしょう。
また、数足を揃えて、日替わりで履くようにし、毎日同じパンプスを履かないようにすることも大切です。
そのほかにも、会社用と通勤用を用意するというのも一つの方法です。
会社用として、合皮のパンプスを数足用意しておくと、臭いと思った時に水洗いすると、雑菌もとれて清潔に履くことができます。
また、職場で問題がなければ、つま先があいているデザインのものを選ぶと、通気性もよく蒸れを解消することができます。

食事関連美容サイト

美容は食事から。特にフルーツが大事と田村文洋が力強く語っています。

田村文洋イチオシの健康美容とは